解説

NMF(天然保湿因子)とは?

 NMF(天然保湿因子)とは、表皮の一番上層の角質層にある成分で、名前に「保湿」と入っている通り、お肌の保湿にとって大切な成分であり、お肌が作り出す天然の保湿剤と言えるものなんです。

 もともとは角質層の下にある顆粒層の細胞内のタンパク質が、細胞の角化過程でNMF(天然保湿因子)へと変化し、水分を蓄えることにより、お肌の潤いを保ってくれているんです。

 つまり、NMF(天然保湿因子)が十分にあれば、お肌の潤いが保たれ、その結果お肌のキメが整い、そしてお肌のハリやツヤがもたらされるということなんです。
 


 
 
 また、NMFは紫外線などからお肌を守る、お肌のバリア機能も担っています。NMFが少ないうるおい不足のお肌は、角質層にすきまが出来て、そのすきまから乾燥した空気や紫外線、細菌などの外的刺激が入り込みやすくなってしまうんです。

 NMF(天然保湿因子)って、お肌の健康にとってすごーく大事だっていう事がわかっていただけたでしょうか?^^
 
 
NMFの種類

 NMF(天然保湿因子)は、アミノ酸やミネラルなどといった、水となじみが良く水分保持力を持った物質の総称です。

  • アミノ酸
  • ミネラル
  • PCA(ピロリドンカルボン酸)
  • 乳酸塩
  • 尿素
  • その他

 
 

解説
プロフォンデ基礎化粧品│羊水の成分にとても近い成分の水、海洋深層水から生まれた基礎化粧品